読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疲れた時は頭のツボを抑えてみよう

デスクワークさん必見

べっぴんさん、面白いですか?

今日のYahoo!ニュースで、NHK朝の連ドラ「べっぴんさん」の先週の平均視聴率が20%を超えたと読みました。

かくいう私も毎朝観ている一人なのですが、この視聴率、本当かしらと疑問です。ファミリア創設者をモデルというので、企業の成長や主人公たちの奮闘の物語を期待していたのですが、あまり面白くないなあと思っています。ここ1ヶ月は、主人公すみれの娘の反抗期の話で、本筋から離れたまま過ぎています。

もう2月だというのに、あと2ヶ月でどう話が進むのか、毎朝イライラしながら視聴している人が大多数ではないかと思います。面白くなるかもしれないという視聴者の淡い期待が、視聴率20%維持のからくりなのかもしれません。でも、ヒロイン始め、出ている俳優さんたちはみな、素敵なので、がんばれーと心で応援しながら、明日も観ようかな、と思った次第です。

冤罪を生んだ検察官を裁くには

別な日に、司法制度についての講義を受けました。 その中のテーマに『冤罪』が含まれていました。 私は講義を受けている中でこう思いました。 冤罪によって刑務所に無駄に入った期間は取り戻しようがありません。

その冤罪に追いやった検察官は現在ではなにも罰せられません。 お金の面においては刑事訴訟法で実質的に国は払うからです。 被害者心理の面においてはそれだけでは許されるはずがありません。 冤罪防止法という法律を作って、冤罪を作った検察官を刑務所にブチこめばいいのです。

そうすれば被害者の無念を感じることができるでしょう。 また検察官の仕事の意識も上がることでしょう。 ただ、一番この法律に抵抗するのが検察庁でしょう。 マスコミが冤罪事件をほじくり返し、世論を味方に付ければさすがの検察庁も諦めざるをえません。 現時点でそれしかないのです。

2017年もすぐそこへ

いやー、今年のカレンダーが既にもうあと2枚しかないなんて・・・
11月と12月で終わりですよ、奥さん(笑)。

まだ来年のカレンダーは買ってないんですけど、そろそろ揃えないとねー
最近毎年カレンダーは100円ショップのですが(^_^;)
あれで十分ですわ。
色んな種類あるし、どうせ終わったら捨てちゃうものですからね。

時間が経つのが毎年早いと感じますけど、本当にここ最近はどんどん凄まじく感じます。
この間お正月って言ってたのに。
こんな感じだと、テレビに出るタレントたちはもう新年の番組収録とかしているんでしょうね・・・
感覚が変になるー

来年は2017年ですか。
平成だと29年??
平成生まれもそろそろ30歳に突入なんだ・・・